大学病院とクリニック、そこで働く看護師の仕事内容の違い

大学病院とクリニック、そこで働く看護師の仕事内容の違い

一般的な個人病院やクリニックで仕事をしていて、何らかの事情で大学病院に転職しようと思っている人はいませんか?もしそのように考えているのであれば、クリニックと大学病院とでは同じ看護師でも仕事内容で異なる点があることを理解しておくべきです。それは医者と看護師との間の役割分担がはっきりしている点です。

 

大学病院の場合、医者が数多く在籍しています。このため、医者は医療上の行為をすべて行う傾向があります。一般的な病院では、点滴などは医者の指示のもと看護師が行うのが一般的ではありませんか?しかし大学病院の場合、医者の人数が十分事足りているので看護師が行う必要はありません。その他にも化学療法のための点滴や採血などに関しても、すべて医者の行っている所が多いです。

 

では看護師は何をやっているかというと、患者のためのケアです。看護師が本来行うべき業務に集中できるというのは、大学病院の看護師の業務の最大の魅力といえます。